アワード2017 No4

4つ目はナノブロックプラスのタイヤパーツを使ったラジコンカーです。
分かる人にはすぐに分かるかと思いますが、あのマイティフロッグをテーマにして作りました。作品紹介にも書きましたが、実家から初代マイティフロッグ(2007年ころ復刻版が出たようです)が出てきました。当時オフロードのラジコンカーがとても流行っており子供の頃夢中になって遊んでいました。何回かレースに参加したしたのもよい思い出です。
さすがにバッテリーはかなり消耗していましたが、新しいバッテリーで走らせてみると当時のままものすごい勢いで走りました。
(改造もかなりしていて、モーターはルマン360PTを使っています)
つい嬉しくなり、ナノブロックプラスで作ってみました。

RCオフロードカー
RCオフロードカー

持っているのは2chのスティック式プロポですが、せっかくブロックで作るのであれば今風にスティック式のプロポにしてみました。黒ホイールのタイヤは種族合体コンテストの参加賞でもらったフォーミュラーカーについてきたものです。
正確には、ボディの下部分がピンクだったり、前輪の方が細かったりするのですが、全体的な雰囲気としてはかなりいい雰囲気が出たと思います。twitterでも分かってくれる方がいて嬉しかったです。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アワード2017 No3

3つ目の作品はナノブロックで作りました。
今年もまた動きのある人物が作りたくて、テーマを考えていましたがなかなか思いつきません。気分転換にリズム天国(GBA版)をやっているとタップダンスの女の子を見て「これだ!」となりました。最初はタップダンスをしているところを作っていましたが、なかなかうまくできません。最終的に走っているところでいいか…になりこの形になりました。女の子だけだと寂しかったので子犬も追加してあります。

少女と子犬
少女と子犬

1ポッチの足で全体を支えているところはすぐにわかるかと思いますが、肩の部分に注目してみてください。1×2の斜めの階段状になっている特殊パーツを使うと斜めにも組めることが分かりました。最終結果は10likeまでいきましたが、今回一番人気のない作品になってしまいました…。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アワード2017 No2

今回2つ目の作品ですが、こちらもナノブロックプラスです。
今年のアワードもプラス部門は応募が少ない予感がしています…。狙い目であるとは思うのですが、ナノブロックよりいろんな意味で(パーツあたりの単価が高かったり、組み方の自由度が大きかったり)ハードルが高いのでしょうか?

白いギターとアンプ
ギターとアンプ

本当は赤のギターを作りたかったのですが、色分けがうまくいかなかったのとパーツが足りなかったので白のギターになりました。ギターだけだと寂しいのでギターアンプも作り、飾っておけるように本物を参考にスタンドも作りました。
ナノブロックプラスはファクトリーで必要な色・形のパーツを注文する事ができないので、ある程度色や形に制限ができてしまいます。(使用しないパーツも含めていくらでも購入できれば別ですが…)その制限の中で作る必要があり、ハードルが高いですが今年もいくつか応募していきたいと思います。

ナノブロックのパーツは100均のケースに入れていますが、プラスのパーツは若干大きいのでこのケースで管理するのはやや無理があります。プラスのパーツも増えてきて仕分けも大変なので、先日パーツキャビネットを購入しました。
アイリスオーヤマ 工具箱 パーツキャビネット PC-310

他のパーツキャビネットを使った事がないため使いやすいのか?は分かりませんが、大きいパーツもそれなりに入り私的にはちょうどよい大きさでした。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アワード2017 No1

今年もついに始まりました「ナノブロックアワード2017」!!
昨年は4月から開催だったため、また冬に戻った?と思っていたら開催時期が遅れていただけだったようです。

先週から始まっていますが、すでにぞくぞくと新作作品が日々アップされています。
開催期間:2017/7/28(金)PM13:00~2017/10/9(月)PM23:59

今年もナノブロックプラスを中心に応募していきたいと思っていますが、1つ目の作品です。

ブルドーザー
ブルドーザー

昨年、ナノブロックプラスの重機(トラクター)で受賞したので、今年も重機(ブルドーザー)でというわけではありませんが、ショベル部分を作ってみたら何となくいけそうな気がして、全体を組んでみました。

今年も期間中にたくさんのすばらしい作品が見られるかと思うと、嬉しいですね。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ナノブロックプラス「種族合体作品コンテスト」の結果発表

10月まで開催されていたナノブロックプラスの種族合体作品コンテストですが、昨日結果が発表されました。
※以前このブログでも紹介していましたが、恐竜×恐竜、昆虫×昆虫のキットを2つ以上使って何か作品を作って応募するコンテストです。(恐竜×昆虫も可能)

⇒結果発表ページへ

子供から大人まで参加していて、全応募作品数115作品とアワードまでは作品数が多くありませんが、そこそこ盛り上がりました。
(最初の頃は全然応募数が少なくて心配でしたが…)

気になる結果は…、アワードに引き続き優秀賞を受賞する事ができました!
※息子も14作品ほど応募していましたが、残念ながら受賞ならずでした。

受賞した作品はこちら↓
・しっぷうじんらい
種族合体

以前、コンテスト前にバーチャロンに出てくるようなロボットを作りたいと書きましたが、目指した方向はコレです。参考にした機体はフェイイェンでしたが、色使いからも全然違う雰囲気になりました。武器もフェンシングのような剣にしたかったですが、諦めて刀をメイン武器にしています。
⇒作品掲載ページへ

こちらは受賞しませんでしたが、一応紹介したいと思います↓
・しでんいっせん
種族合体

もう一つくらいテムジンベースで作りたいと思っていたのですが…。無理でした。ただ、ポーズは色々と考えてみて最終的にこの形になりました。置くと不安定になるので最終的に糸で吊っています。ナノブロックと互換性はありませんが、将来的にプラスでもディスプレイアームが発売されるかもしれませんね。
⇒作品掲載ページへ

気になる達人ポイントは、たしかカウントされなかったと思いますが、限られたブロック数で何ができるか?が割と好きなので、楽しむ事ができました。
今後も機会があれば積極的に参加していきたいです。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| nanoblock製作記録 | NEXT