セイバーガンダム

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』よりセイバーガンダムです。「セイバー」は英語で「救世主」を意味するようですね。赤という事で、赤い彗星のあのお方を連想された方が多いかと思いますが、あえてマイナーどころから。
フリーダムの登場シーンがフラッシュバックするような登場シーンでしたが、フリーダムにやられたシーンばかりが印象に残ってしまっています。HGのプラモデルと説明書を参考に作ってみましたが、本当はとてもカッコいい機体です。

ユニウス条約締結後にザフトが開発した試作MS群「セカンドステージシリーズ(セカンドシリーズ)」の1機。型式番号の「X」は実験機、「2」は航空機系統、「3」は開発ナンバー、「S」は「Second Stage(セカンドステージ)」を示す。
双胴の戦闘機型モビルアーマー (MA) への変形機構を持ち、大気圏内外を問わない優れた機動性を発揮する。複数の敵に対してはMA形態での一撃離脱、単体の敵にはMS・MA形態を駆使し緩急をつけ、両形態とも砲撃を主体としている。デュートリオンビーム送電システムとVPS装甲を採用し、長期の稼働時間と高い火力、防御力を両立している。
※wikiより

怒れるプラント。それは奇妙な既視感。
繰り返すのが歴史というならば、今、己の立つ此処は。
目の前にあるのは今度こそ、願う場所への道か。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「父の呪縛」
新たな世界に、目覚めよ!セイバー!
※次回予告より
・・・
デュランダル ZGMF-X23Sセイバーだ。性能は異なるが例のカオス、ガイア、アビスとほぼ同時期に開発された機体だよ。この機体を君に託したい、と言ったら君はどうするね?

アスラン …どういうことですか?また私にザフトに戻れと。

デュランダル んー…。そういうことではないな。ただ言葉の通りだよ。君に託したい。

デュランダル まあ手続き上の立場ではそういうことになるのかもしれないが。今度のことに対する私の想いは、先ほど私のラクス・クラインが言っていた通りだ。だが相手は様々な人間、組織。そんなものの思惑が複雑に絡み合う中では、願う通りに事を運ぶのも容易ではない。だから想いを同じくする人には共に立ってもらいたいのだ。出来ることなら戦争は避けたい。だがだからといって銃も取らずに一方的に滅ぼされるわけにもいかない。

デュランダル そんな時のために君にも力のある存在でいてほしいのだよ。私は。

アスラン 議長…

デュランダル 先の戦争を体験し、父上の事で悩み苦しんだ君なら、どんな状況になっても道を誤ることはないだろう。我等が誤った道を行こうとしたら君もそれを正してくれ。だが、そうするにも力が必要だろ。残念ながら。

デュランダル 急な話だから、直ぐに心を決めてくれとは言わんよ。

デュランダル だが君に出来ること。君が望むこと。それは君自身が一番よく知っているはずだ。
※登場シーンより
かなり前置きが長くなりましたが、それではご覧ください。
セイバーガンダム

肩のビームサーベルは関節パーツの凹と斜め1ポッチで作成しました。
セイバーガンダム

頭のセンサーが特徴的です。
セイバーガンダム

そして背中には、大きなスーパーフォルティスビーム砲。
セイバーガンダム

MA形態(飛行形態)に変形してもカッコいいです。
セイバーガンダム

ビーム砲を2門腰に構えた構図も再現したかった・・・。
セイバーガンダム

次のRGはシャア専用ズゴックのようですが、セイバーがRGで出てきて欲しい・・・。(無理か・・・)
セイバーガンダム

白のブロックが底をついたため、赤のブロックをメインに作成しましたが、ザザビーやシナンジュやマラサイあたりも候補に上がっていました。
次は何を作ろうか・・・。その前にブロックを補給せねば・・・。

別窓 | ガンダム | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

nanoblock AWARD 2013-14 エキシビション

5/10(土)nanoblock AWARD 2013-14 エキシビションを見に行ってきました!
初めてソラマチに行ったのですが、店が沢山ありました。人も沢山いましたが、GW明けという事もあり思ったより混んでいませんでした。

まずは、歴代の市販キット達がお出迎え。
2014エキシビション

こんなに一度に見たのは初めてです。
2014エキシビション

6月発売予定の鎧武なども展示してありました。
2014エキシビション

そして!お目当ての受賞作品へ・・・。ちゃんと飾られていました。他のは展示されなかったのかな?・・・と思ったら全て別々の場所に展示されていました。
2014エキシビション

4作品でケースに展示されているものと・・・。
2014エキシビション

まとめて展示されているものがありました。
画像には写っていませんが、損保ジャパンの存在感は圧巻でした。大きいとは思っていましたが、まさかあれほどとは・・・。その他の作品もどれもとてもすばらしいものばかりでした!
2014エキシビション

ナノゲージも展示されていましたが、その横にディスプレイが置いてありました。何が写っているんだろう?と思っていたら電車の先につけられた小型カメラの映像が写っていました。なるほど。これで見ると実際に乗って走っている視点から見れますね。
2014エキシビション

はずれなしの500円くじを子供達が引いてみたところ・・・。(当たれ~当たれ~)・・・残念。6等のハチドリ2羽でした。(T_T)
写真以外では、バッグなどが景品にあったようです。
2014エキシビション

『クイズに答えて(非売品)ナノブロックアワードグッズをGETしよう♪』の景品は、ポストカードでした。1000円以上?の購入でもらえるクリアファイルとほとんど同じプリントでしたが、自分の作品もプリントされていたので、いい記念になりました。

やっぱり、写真で見るのと実際目で見るのとは全然違いますね。受賞者の方達の作品を直接見れて、テンション上がりまくりでした。身元がばれてしまうと恥ずかしいので、平静を装っていましたが・・・。
来年も機会があったら行ってみたいです。

製作中の機体がなかなか完成しませんが、次回は赤の機体が登場します。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| nanoblock製作記録 |