nano名刺

ナノブロックビルダーさん達の間で「nano名刺」?なるブロックの名刺が流行っているようです!既にだいぶ出遅れていて、ブームも終わりに近づいてる感が漂っていますが…。

Darakeroさんが皆さんの名刺をまとめてくださっています。
⇒ナノブロック名刺まとめ
個性的な名刺ばかりですばらしいですね。

それでは、ご覧ください。
急いで作ったため、何のひねりもないのが残念です・・・。
(一応、後ろ姿のミッキーマウスのお尻に名前が書いてあるようなイメージでつくりました。)
nano名刺
(ブロックが足りなくて2ポッチをニコイチで作ったり、裏面は全く作っていなかったり、いろいろと問題があります。)

ついでに裏面も作ってみました!・・・ん?裏?
別に、表面が顔で裏面が名前でもいいんですが・・・。
nano名刺

世界最小級ブロック「ナノブロック」を使って、名刺を作ろう!
(基本フォーマットは縦13ポッチ横16ポッチ厚さ2ポッチだけど、アレンジもオッケー!)
という事で基本サイズで作りました。当初裏面の事を全く意識せず作っていたため表面と共通色が少なかったですが、何とか1枚になっています。(強度的にはやや問題あり)
nano名刺

最初に作った記念にミッキーをアイコンにしていますが、そろそろ別のものに変えてもいいかも?と思っている今日この頃です。

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

アカツキ

しばらく更新が止まっていましたが・・・。またまた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』よりアカツキ(「オオワシ」装備)です。
金色の機体を表現するには、黄色を使うしか選択肢がないんですよね・・・。黄色単色だと難しいので、なるべく他の色を使うようにしました。

オーブ連合首長国元代表首長ウズミ・ナラ・アスハが愛娘カガリ・ユラ・アスハに遺したMS。
本機はオーブ軍のフラッグシップとなるべく、防御力を最大限に考慮された設計となっている。基本設計はストライクとの共通点が多く見られるが、秘匿されながらも両者の開発は同時進行であったという。しかし、実際の開発は技術的問題により難航し、特に兵装関係はほとんどが機体の完成より1?2年後に完成している。
最大の特徴である黄金色の装甲は、「ヤタノカガミ」と呼ばれるナノスケールのビーム回折格子層と超微細プラズマ臨界制御層から成る鏡面装甲で、敵のビームをそのまま相手に跳ね返すことができる。極めつけには戦艦の陽電子砲の直撃にも耐えるなど、MS単機としては次元の違う防御力を有する機体である。ただし、実体弾に類する攻撃への耐性は通常装甲と同程度であり、デスティニーのブーメランで片腕が損傷する場面が見られた。
その反面、装甲の製造、維持コストも莫大なものとなり、本機1機分の装甲で、M1アストレイ20機以上が生産可能であるという。
本機はバックパックを換装することで大気圏内外の戦闘に対応することができる。大気圏内では空戦パック「オオワシ」を使用することで高い機動性能を発揮し、宇宙空間では空間戦用パック「シラヌイ」に装備された誘導機動ビーム砲塔システムにより高い攻撃性能を発揮する。この装備の他、ビームサーベル、ビームライフルは機体本体部の開発凍結後に制作されたものであり(詳しい開発時期は不明)、前大戦終結後の技術革新を取り入れている。基本設計以外の部分は2年間の技術革新等を踏まえて、製作時にアップデートが行われているようである。むしろ武装の数字からわかるように(例えば72式ならばC.E72年に完成、制式化したものである)ムラサメ等より後に作られた部分も多いようである。
※wikiより

エリカ そこに言葉が彫ってあるでしょ?読んで。
カガリ この扉、開かれる日が来ぬことを切に願う。
エリカ この扉が開かれる日、それはこのオーブが再び炎に包まれる日かもしれないと、そういうことよ。そしてこれが封印されていたウズミ様の遺言よ。
カガリ うぅ…あ!
アマギ 黄金の…モビルスーツ?
カガリ あぁ…
ウズミ 『カガリ』
カガリ あ、お父様…
ウズミ 『もしもお前が力を欲する日来たれば、その希求に応えて私はこれを贈ろう。教えられなかったことは多くある。が、お前が学ぼうとさえすればそれは必ずやお前を愛し、支えてくれる人々から受け取ることができるだろう。故に私はただ一つ、これのみを贈る。力はただ力。多く望むのも愚かなれど、無闇と厭うのもまた愚か。守るための剣、今必要ならばこれを取れ。道のまま、お前が定めた成すべき事を成すためならば。』
カガリ お父様…うぅ…
ウズミ 『が、真に願うのはお前がこれを聞く日の来ぬ事だ。今この扉を開けしお前には届かぬ願いかもしれないが。どうか幸せに生きよ、カガリ。』
カガリ うぅ…お父様…お父様…
キサカ カガリ。暁に乗るか?
カガリ あかつき?うん。
※登場シーンより

それでは、ご覧ください。
アカツキ

ライトグレーではなく、ダークグレーかブラックにした方が雰囲気がでたかも・・・。
アカツキ

基本的なサイズや構造は今までのものと同じです。(顔はどれも同じ?)
アカツキ

後ろには空戦パック「オオワシ」を装着しています。
アカツキ

「オオワシ」だけでなく「シラヌイ」も作りたかったのですが、黄色ブロックがなくなりました・・・。
アカツキ

かなり後方重心でバランスが悪いですが、普通に直立しています。
アカツキ

肩口に斜めのあずき色を使っているところがポイントです。足にもあずき色を使用したかったです・・・。
アカツキ

シード系はかっこいいMSが多いですね。ガンプラが売れて再販(HGの色違い等)されるのも分かるような気がします。
次は何を作ろうか…考えているだけでも楽しいです♪
別窓 | ガンダム | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| nanoblock製作記録 |