初音ミク 色違い

前回、市販の初音ミクについて少し触れましたが、もし公式ミクさんの作り方が分かれば手持ちのパーツだけで何とかなるのか?試したくなり画像を参考に作ってみました。

髪の毛はハチドリのエメラルドグリーンかと思ったら、はやぶさのエメラルドグリーンですね…。緑はあまり使い道がないのですが、色合いが違うのが多いので困ります…。スタンダードセットの緑はファクトリーで購入できる緑と同じにして欲しかった…。
(ネクタイの真ん中が旧スタンダードセットの緑だったけど…まぁいいか)

そんな訳でエメラルドグリーンの髪の毛を諦め、以前作ったねぎミクさんと同じ水色で髪の毛を組んでみました。
初音ミク

他にもいろいろと色が足りず、服は緑にし顔は白にしています。
初音ミク

公式の方はニコイチの使い方が上手ですね。実際に組んでみるといろいろ参考になります。
初音ミク

かかとの2×3の透明もないので1×3で…。その他にも細かい部分が違っていると思います。
初音ミク

スカートにL字ブロックを使っているため、苦肉の策で透明の2ポッチで補強しています。
初音ミク

やっぱり色合いが違うといまいちですね…。とりあえず…、ねぎを持たせておこう…。
(ねぎはnemo_z さんの作り方を参考にさせていただきました)
初音ミク

今回実験的に手持ちのパーツで作ってみましたが、やはり特殊な形状のパーツや、専用の色のパーツでないと雰囲気はいまいちな事が分かりました。皆さん作りたかったら、キットを購入する事をおススメします。
別窓 | ボーカロイド | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ナノブロック・オフィシャル・ガイドブック

既に発売からだいぶ経過してしまいましたが、ナノブロックのオフィシャル・ガイドブックが発売されました。
表紙にも書かれている通り、基本セットで作れるオリジナル作品25点が掲載されています。

基本セットというのは、スタンダードカラーセットの事です。今のセットは説明書がついており、いくつかの作品を見ながら作る事ができますが、パッケージがリニューアルする前のスタンダードカラーセット(私が初めて手にしたナノブロック)は説明書がついていませんでした。説明書が同梱されていなかったせいもあるのか最初に発売されたこのセットは、2008年当時それほど売り上げが伸びなかったようです。(社員の方の開発ストーリーより)その後はミニコレクションシリーズなどが発売され、今ではそこらじゅうで見かけるほどの人気商品になりました。

表紙はこんな感じです。サイズ的にはCDケースの1.5倍くらいのコンパクトサイズで160ページで構成されています。
オフィシャルガイドブック
私は説明書がないのが普通と思っており、最初の頃ミニコレクションシリーズを購入していたのは単なるパーツ取りのために買っていました。そのため、説明書を見ながら作ったものがほとんどありませんでした。
今回何故この本を購入したかというと、オリジナルの作品が沢山載っていて息子が作るにはちょうどいいと思ったからです。実際ミニコレクションシリーズを(パーツ目的のために)購入しても、息子が組み立ててしまうので、喜んで作ったものを並べられると、なかなか崩せずにいました…。今は喜んで水鉄砲を作っています。

そして注目したいのは、この作品。
そう。nanoblock界の達人として有名なヤマさんの作品、空手の達人(氷割り)です。この作品は、nanoblock award 2012-2013の200pce部門でグランプリになった作品ですが、その作り方が掲載されていましたので、早速作ってみました。
nanoblock award 2012-2013受賞作品
空手の達人

200pce部門は200パーツ以内でどれだけのものを作れるか?を競うコンテストのため、だいたいは200パーツギリギリを使いきって皆さん試行錯誤された作品を毎回応募されています。しかし、驚くことにこの作品はその半分にも満たない、70パーツほどで作ってあります。
空手の達人

小さいとは思っていましたが、実際作ってみると思っていた以上に小さかったです。しかし、このパーツ数で体の動きと氷の割れ具合が見事に表現されていて、とてもすばらしい作品です。正に達人にしか表現できない領域です。あの達人制度?もこの作品をヒントに社員の方が閃いたのではないでしょうか?
空手の達人

残念ながらAmazonの評価は星2つと低いですが、レビューされている方のコメントに「初音ミクの組み立て方を希望していました」と書かれていました…。え?表紙にはっきりと書かれているのに…?それにもし仮に初音ミクの組み立て方が掲載されていたとしてエメラルドグリーンの髪の毛をどうやって作るつもりだったのでしょうか?(エメラルドグリーンはハチドリなどのごく1部キットにしか含まれておらず、パーツをそろえるだけで確実に市販のキットの価格を超えます。それでも2×3等の特殊パーツはそろえられないと思いますが…)
とりあえず、ヤマさんや開発者の方のレビューも掲載されており、ナノブロックに興味のある方は購入されても損はないと思います。


別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| nanoblock製作記録 |