スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

アワード2016 No4

今回も何か食べ物を作ってみようと思い、ナノブロックプラスでお寿司を作ってみました。
斜めのパーツや角を丸くするパーツがあるためそれらを使い、大きさはほぼ本物と同じくらい(やや大きめ)のサイズになります。
おまけで箸と箸置きも添えてみました。

お寿司(⇒掲載ページへ)
お寿司

ポイントはイクラのプチプチ感をブロックにしてみたところでしょうか?本人は嫌いなネタなのですが…。
他のお寿司もそれなりに雰囲気が出てると思います。(LIKE!数は伸びませんが…)

前回のアワードではMotion部門というのがあり、ナノゲージ(ナノブロックの鉄道)やナノチョロQを使って動く作品を募集していました。どちらも持っていなかったため諦めていたのですが、その後両方とも揃えて今年は応募できるか?と思っていました。
しかし、今年はMotion部門自体がなくなってしまい…ションボリです。(ToT)(ToT)(ToT)
スポンサーサイト
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

アワード2016 No3

ここからいくつかナノブロックプラスになります。

nanoblock+とは…
まだナノブロックで遊べない小さなお子様でも簡単に遊べて、従来の台やブロックよりもリアルで完成度の高い作品を作ることができます。今までのブロックになかったタテにもヨコにもぴったりくっつく新構造が特徴です。

らしい(公式説明より)ですが、1辺4mmのナノブロックが1.5倍の6mmに大きくなったものです。ポッチが浅く取り外ししやすいので小さい子供向けにはよいと思います。反面ブロックが外しやすいため、少し大きいものを作ると簡単に壊れてしまいます…。

前回のアワードでもnanoblock+部門はあったのですが、持っていなかったため応募できずにいました。店頭でベーシックセットスタンダードが5,000円くらいしたため、1セットあっても作りたいもの作れないし…、パーツを揃える出費も痛いし…と思っていたところAmazonで何となくほしい物リストを見ていたら1,072円になっているではありませんか!4月1日だし嘘か?何かの間違いか?と思いましたが、しっかり複数個買う事ができましたので、さっそくいくつか作ってみました。

カセットラジカセ(⇒掲載ページへ)
ラジカセ

タイヤやプロペラや斜めパーツが多く、方向性としてはレゴブロックに近いものがありますが、そこで勝負しなくても…という感じはしました。ただし、日本製でこのクオリティーでパーツの豊富さには開発者の執念のようなものを感じます。売れる売れないで言えば、恐らく売れないでしょうが、(店頭で場所をとらない、価格も安いナノブロックと比較して)ちょっと感動しました。
恐竜シリーズの組み替えてロボットにするセットや、女の子向けに可愛らしい商品展開などが当たればヒット商品になるかもしれません。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アワード2016 No2

2つ目はフォトフレーム(写真立て)です。
これは、1年以上前に妻からの依頼で作ったような…。たまたま写真立てがなくレゴブロックを簡易写真立てにしていたら、ナノブロックでも作れるでしょ?的な事を言われて作ったような気がします。単純に枠に写真を差し込んでいるだけの作りになっています。

・フォトフレーム(⇒掲載ページへ)
フォトフレーム

大きめですが、150パーツくらいだったと思います。周りを派手にしてもよかったのですが、写真が目立たなくなるためシンプルにしました。白黒だけだとなんとなく寂しい感じがしてクリアパーツを追加しておきました。
次に写真立てを作るとしたら、単純な長方形でなく形や飾りをもう少し考えたいと思います…。

まだ開催2週間ほどしか経っていないナノブロックアワードですが、次々と作品がエントリーされています。しばらく他の方の作品を見る楽しみが続きそうです。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アワード2016 No1

前回の記事でも少し触れましたが、今年もnanoblockAWARD(ナノブロックのコンテスト)が開幕しました。
毎年1月前後くらいに行われていたので、どうなったのかな?と思っていたら今月から6月まで開催されるようですね。
ナノブロックアワード2016

今回の応募部門は、
・nanoblock+
・under 200pce
・No Limit
の3部門です。また、今年から達人と一般が別々の受賞になりました。昨年は(というか先月までは)nanoblock+を敬遠していましたが、先日Amazonでたまたま安く売っていたのを見つけて購入しました。今回は応募数が少ないと思われるnanoblock+を中心に作っていきたいと思っています。
今日under 200pceに2つ、nanoblock+に3つ応募しましたが、1つ目を紹介したいと思います。

・跳び箱(⇒掲載ページへ)
跳び箱

肌色ブロックで動きのある人物を作ってみようと思い作り始めましたが、昨年のヤマさんの作品「ライン」のイメージが強すぎて結果的に似たような子供になってしまいました。
(今年のアワードのページにも掲載されていますが、それだけインパクトが強かったです)

これは応募しようかどうか迷いましたが、結局応募しました。ヤマさんからお叱りがあれば削除したいと思います。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

息子が作った妖怪達

妖怪ウォッチはまだまだ子供達の間で大人気ですね。最近はぷにぷににはまっている息子ですが、ナノブロックで妖怪達を作っていたので、紹介したいと思います。

モテヌス。何故これを作ったのかは謎です。
妖怪

モテマクール。色違いを作るのが好きなようです。
妖怪

でんじん?はつでんしん?平べったく作ってあります。
妖怪

くしゃむしゃ?何基準で作ってるかよく分かりません。
妖怪

なまはげ?色違い?武器違い?
妖怪

デビビルかデビビランだと思います…。
妖怪

オロチ。
妖怪

影オロチ。
妖怪

光オロチ。
妖怪

やはり色違いが好きらしく、顔と肩の竜を差し替えていました。しかも、やや興奮気味に影オロチに光オロチの竜のパターンもあるなどと力説し、3×3=9パターン作っていました。
(写真も全部撮りましたが省略…)
イヤイヤ、その違い分からないから…。

そういえば、nanoblock AWARD 2016がついに始まりました!!
ナノブロックアワード2016
既に力作が次々とUPされています。私もいくつか出品したいと思いますが、今年も受賞は厳しい予感がしています。
別窓 | 妖怪ウォッチ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| nanoblock製作記録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。