ナノブロックプラス オリジナル種族合体で更にブロックを楽しもう!~オリジナル種族合体編

~ナノブロック アンバサダーモニター企画第六弾~

「ナノブロックプラス オリジナル
種族合体で更にブロックを楽しもう!」

「ナノブロック アンバサダー」として【ナノブロック アンバサダープログラム】のモニターに参加した前回の続きになります。

今回のモニター企画の内容として、商品レビューの他にオリジナル作品を作るというミッションがありました。
■モニター募集ページより
今回はアンバサダーのみなさんに、「ナノブロックプラス」商品を合体させ、オリジナル作品を作っていただきます。お作りいただいた作品については、夏に開催される「種族合体コンテスト(仮)」サイトにて作品例として紹介させていただきます。

夏に「種族合体コンテスト(仮)」というのが開催されるようですが、恐竜シリーズに続いて昆虫シリーズも7月に発売されるようですね。まだはっきりと見えませんが、既に昆虫の種族合体ページも用意されていました。

↓種族合体!(昆虫シリーズ)のページはこちら
ユナイトカードで種族合体!

オリジナルとなると何を作ってよいか悩んでしまいますが、ここでも息子(小学2年生)が大活躍!私には恐竜×恐竜=恐竜という発想はありませんでしたが、彼の中では既にそう決まっていたようです。
フタバスズキリュウを作るのかと思っていたら、何故か予定が変更になっていて別の恐竜を作っていました。そして出来上がった恐竜がこちら。スピノサウルスです。
20160612-1.jpg

余りパーツも白のトゲパーツ1つだけだったようです。
20160612-2.jpg

後ろの支えの足?は何となくカッコイイから追加したようです。流石です。我が息子ながら感心しました。
20160612-3.jpg

流石に何も作らない訳にはいかないと思い、考えてみたものの…。何も思い浮かびません。種族合体のロボットがかなりカッコよかったので、スピノサウルスを崩してとりあえずロボットを作ってみる事にしました。
そしてできたのがこちら。
(目指したのはバーチャロンに出てくるような機体でしたが無理でした…)
20160612-4.jpg

余りパーツも結構あり…。
20160612-5.jpg

後ろ姿も寂しい感じです。
20160612-6.jpg

う~ん。可もなく不可もなくといったところでしょうか。「種族合体コンテスト(仮)」の詳細がまだ発表されていませんが、本番までにはもう少し何か考えてみたいと思います。
今回のアンバサダー企画も親子で楽しむ事ができました。ありがとうございました。
別窓 | ナノブロック アンバサダー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ナノブロックプラス オリジナル種族合体で更にブロックを楽しもう!

~ナノブロック アンバサダーモニター企画第六弾~

「ナノブロックプラス オリジナル
種族合体で更にブロックを楽しもう!」

以前もご紹介した事がありましたが、「ナノブロック アンバサダー」として【ナノブロック アンバサダープログラム】のモニターに参加してみました。
※モニターの募集は抽選でなく選考でしたが、今回も定員:50名を遥かに超える応募があったようです。

↓詳細は以下の通りです。
■ナノブロック アンバサダー企画第6弾:「ナノブロックプラス オリジナル種族合体で更にブロックを楽しもう!」

簡単に説明すると、モニター商品:ナノブロックプラスきょうりゅうシリーズから二種をプレゼントしますから、ブログやSNSで紹介してくださいね、というメーカーにとってもアンバサダーにとってもWin-Winな企画な訳であります。今回で6回目の企画ですが、これ以外にも東京で新商品の体験会等の企画があったようです。

モニター企画で届いた商品はこちらの2点です。ナノブロックプラスは、ベーシックセットスタンダードしか持っていなかったため恐竜シリーズはどんなものか?楽しみにしていました。
■モニター商品
1)ナノブロックプラス アンキロサウルス PBH-003
2)ナノブロックプラス ブラキオサウルス PBH-006
※6種類のナノブロックプラスきょうりゅうシリーズから、ランダムで2種類届いていたようです。

まずはパッケージから。2016年6月9日(木)・10日(金)は関係者しか入場できないようですが、「東京おもちゃショー2016 商談見本市」の入場証も入っていました。
箱のサイズはCDケースより少し大きいくらいのサイズです。
アンバサダー

箱の中身を見た印象は、ブロックが以外と少ない印象でした。
アンバサダー

説明書と何やら恐竜のカードが入っています。
アンバサダー
アンバサダー

1つだけでも恐竜(ノーマルモード)、ロボット(ペルソナモード)、飛行機(リーサルモード)の3種類を組み替えて作る事ができるようですが、
このカードの裏に数字が書いてあって、その数字を専用ページで入力すると説明書が表示され別の恐竜と組み合わせてさらに大きなロボットや飛行機ができるようです。
↓種族合体!のページはこちら
ユナイトカードで種族合体!

その合計はなんと42種類!これはすごいですね。それぞれの完成度も高く長く遊べそうです。一番驚いたのは、同じ恐竜同士の組み合わせでも合体パターンがある点でした。何かの記事で見かけましたが、「小さい子供の兄弟は同じ物を欲しがったりするもの…もし仮に全く同じ物をそれぞれに購入した場合でも楽しめるんです。」のような事が書いてあり、なるほどと思いました。

私は説明書を見ながらナノブロックを作った事がほとんどないため、組み換え・合体パターンの多さに正直「どうしようか…」と思っていましたが、小学校2年生の息子に見せると「作る作る!」と言って2日で全パターンを作っていました。
(写真撮影のために2日かかりましたが、一気に作れば1日で作っていたと思います)

まずは、アンキロサウルスから。背中のトゲトゲが特徴的ですね。
アンバサダー
アンバサダー

これの組み換えでロボットや飛行機を作る事ができます。(説明書に3パターンの作り方が記載されています)
アンバサダー
アンバサダー
アンバサダー

次はブラキオサウルスです。長い首が特徴です。
アンバサダー
アンバサダー

こちらもロボットと飛行機に組み替えができます。
アンバサダー
アンバサダー
アンバサダー

ナノブロックのキットは大抵余りパーツがかなり多めに入っていましたが、ナノブロックプラスでは余りパーツはないようですね。
さらに組み替えでもほとんどパーツを余らせない作りになっていました。

そしていよいよ先程のHPの説明書を参考に種族合体!を行います。2つの恐竜が合体して1周り大きくなり、細かい表現もできるため、かなりかっこいい出来具合になっています。
アンバサダー
アンバサダー

飛行機も種族合体!で大きな機体が完成します。
アンバサダー
アンバサダー

上の種族合体ロボの余りパーツは0で、下の種族合体飛行機の余りパーツは1のようでした。(息子が作ったので正確に作れているかどうかは分かりませんが、写真を見た限りでは正確に作っているようです)
1体で3パターンできるのも驚きましたが、2体の恐竜から余りパーツがほとんどなくロボと飛行機ができるのが驚きでした。さらに3体合体などを考慮すると無限に合体パターンが生まれそうです。

恐竜・ロボット・飛行機と男の子の心をくすぐるキーワードのブロックでしたが、息子はしっかりと食いついていました。「このロボットかっこいい~」と興奮気味に言いながら作っていましたね。お値段も手ごろでナノブロックに比べてパーツも小さくないため、小学校低学年以上のお子様にはお勧めのブロックだと思います。

息子「この2つでフタバスズキリュウができるかな?」
私「う、うん。いいんじゃないかな。」(フタバスズキリュウってどんな恐竜?)
…彼の中では、既に新しい構想ができているようです。
別窓 | ナノブロック アンバサダー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アワード2016 番外編2

別の場所にしまいこんでいたため、息子にナノブロックプラスは触らせていなかったのですが、どうしても作りたいと言うので、渋々承知しました。
何を作るかと思っていたら、何の迷いも無く飛行機を作っていました。

カラフルプレーン(⇒掲載ページへ)
カラフルプレーン

私の作ったものが机の上に置いてあったのを見て、真似しながら作ったのかもしれませんが、「かっこいい飛行機ができたよ。」とニコニコしながら持ってきた物は予想以上に出来がよかったです。
ついつい嬉しくなり、機体部分はそのままで下にフロートを付けて水上機に改造してみました。初の親子コラボ作品です。

別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アワード2016 番外編1

今回ナノブロックアワードに小学校2年生の息子が参加しています。

最近はすっかりレゴブロックに夢中でナノブロックに興味はなくなったのかな?と思っていたらそんな事は全然なく、楽しんでナノブロックを作っていました。

こいのぼり(⇒掲載ページへ)
こいのぼり

こいのぼりを作って、兜の前に飾っていました。公式でもっとよいできの物が発売されていますし、正直出品するかどうか迷いましたが、とりあえず出品しておきました。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アワード2016 No8

ナノブロックプラスのタイヤを使うと簡単に自動車が作れるのですが、トラックを作ってみました。
作り始めてから少ししてトラック画像を検索していたら、専用キットでウィングボディトラック PBS-008が出ていたので作るのを止めようかと思いました…。明らかにそのキットの方が出来が良さそうだったのですが、「そうだデコトラを作ってみよう!」と思いそのまま作り続けました。

トラック(⇒掲載ページへ)
トラック

コンテナ部分に印刷する画像や文字をいろいろ考えてはいたのですが、どれも著作権でひっかかりそうだったため、素のまま出品しました。恐らく受賞することはないと思いますが、こんなのも簡単にできます。という参考になればと思い…。
コンテナとの連結部分は3種類くらい考えましたが、どれもイマイチで結局フラットブロックに乗せるだけの構造になっています。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| nanoblock製作記録 |