アワード2017 No2

今回2つ目の作品ですが、こちらもナノブロックプラスです。
今年のアワードもプラス部門は応募が少ない予感がしています…。狙い目であるとは思うのですが、ナノブロックよりいろんな意味で(パーツあたりの単価が高かったり、組み方の自由度が大きかったり)ハードルが高いのでしょうか?

白いギターとアンプ
ギターとアンプ

本当は赤のギターを作りたかったのですが、色分けがうまくいかなかったのとパーツが足りなかったので白のギターになりました。ギターだけだと寂しいのでギターアンプも作り、飾っておけるように本物を参考にスタンドも作りました。
ナノブロックプラスはファクトリーで必要な色・形のパーツを注文する事ができないので、ある程度色や形に制限ができてしまいます。(使用しないパーツも含めていくらでも購入できれば別ですが…)その制限の中で作る必要があり、ハードルが高いですが今年もいくつか応募していきたいと思います。

ナノブロックのパーツは100均のケースに入れていますが、プラスのパーツは若干大きいのでこのケースで管理するのはやや無理があります。プラスのパーツも増えてきて仕分けも大変なので、先日パーツキャビネットを購入しました。
アイリスオーヤマ 工具箱 パーツキャビネット PC-310

他のパーツキャビネットを使った事がないため使いやすいのか?は分かりませんが、大きいパーツもそれなりに入り私的にはちょうどよい大きさでした。
別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アワード2017 No3 | nanoblock製作記録 | アワード2017 No1>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| nanoblock製作記録 |