アワード2017 No5

5つ目もナノブロックプラスで作ったドラゴンです。
昨年作ったカマキリの家族評価があまりに低かったため、ばらしてからこの緑パーツで何かできないか考えていました。そしてドラゴンクエストに出てくるようなドラゴンを作ろう!と思い作り始めたのですが…。
ナノブロックでロボット系を作る時にも感じていましたが、とにかく顔の表情を表現するのが難しいのです。何度か組み直しやっとそれらしい表情になったところで全体を組んでいきました。

ドラゴン
ドラゴン

肩の部分に間接パーツを使用しています。首が斜め下を向いているのに気づいていただけたでしょうか?ブロックは基本的にまっすぐにしか組めないのですが、足の爪部分に使用しているパーツを2つ組み合わせると、2軸の関節が表現でき顔全体を左45度下45度くらいに向けることができるのです。
頭部を最初に作ったため結構な大きさになってしまいました。本当はドラゴンに立ち向かう勇者とその仲間達…のような構想もありましたが、今回はこのままでエントリーしました。

この後事件が起こり、しばらくエントリーできない期間が続きます。

別窓 | nanoblock AWARD | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アワード2017 No6 | nanoblock製作記録 | アワード2017 No4>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| nanoblock製作記録 |