ガンタンクRX-75

リアルタイプシリーズ第3弾、前回に引き続きガンタンクを作ってみました。
(RX-76と思いきやRX-75でした。76はプロトタイプ・ボール?)

それでは、恒例の顔アップから。こちらも両肩の120mm低反動キャノン砲が特徴的です。
ガンタンク

両手の40mm4連装ボップミサイルランチャーと肩のキャノン砲ですが、丸い1ポッチで作っています。しかし!新しい1ポッチの底は6角形になっているため、なかなか丸底の1ポッチが見つかりませんでした…。
ガンタンク

最初は前の2体と同様に肩に間接パーツを埋め込んでいましたが、肩が膨らみすぎたため方向変換パーツで直接胴体とつなげています。足元のキャタピラの表現は、少し残念な形です…。
ガンタンク

こちらも顔を作り直す事なく、最初からこの形で組んでいます。(目があると難しい?)
ガンタンク

両肩のキャノン砲は間接パーツでなく、方向変換ブロックで画像のような組み方にしました。
ガンタンク

RXシリーズ3機体をロールアウトしましたが、次回あたり並べて写真を撮ってみたいと思います。並べてみると、連邦軍だけなくジオン軍のザク、グフ、ドムあたりも作ってみたい気がしますね~。
別窓 | ガンダム | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ガンダムまとめ | nanoblock製作記録 | ガンキャノンRX-77>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| nanoblock製作記録 |